Roots Lab.(ルーツラボ)

Roots Lab.(ルーツラボ)は働く社会人のサードプレイスです。​他業種の人たちと交わりながら、遊びの感覚で学べる場であり 自分を磨いていく場であり 切磋琢磨できる仲間を作れる場です。

戦略思考を磨く① - 誰が得をして、誰が損をするか -

                                                                f:id:roots_lab:20171017233421j:image

ここに1つのりんごがあります。

あなたは、りんごが大好きな2人からある相談を受けます。

「平等」に分配するにはどうすればよいでしょうか?

 

与えられた道具は、切れ味するどい包丁のみです。どのように2人に分配しますか?

 

相談をして来た2人は、りんごが大好きです。したがって、当然あなたはりんごをもらうことはできません。食べ物の恨みは怖いです。少しでも大きさが違えば…                                                     f:id:roots_lab:20171017233732j:image

たちまち喧嘩になってしまいます。したがって、あなたは2人が納得いく形で解決策を見出していく必要があります。

 

◾︎発想の転換が必要

りんごの正確な大きさなどにこだわっていたら、解決策は難しいと思います。

計量器はありません。また、もしあなたがプロの料理人で、正確に二等分できたとしても、どちらが先にりんごを選ぶか、という問題にもなるでしょう。

 

この問題では「いかに2人に納得性を持たせるか」ということが重要です。

 

◾︎解決策 

2人のうちの1人にりんごを均等に切ってもらいます。ここで以下のようにA、Bとします。
・りんごを切る人=A
・りんごを切らない人=B

 

f:id:roots_lab:20171017234854j:image

均等といっても、質量が均等になる必要はありません。Aが均等と思えるように切ってもらうだけです。そして、もう一方のBに2片のりんごのうち、好きな方を選んでもらいます。

 

f:id:roots_lab:20171017234934j:image

 

Aは自分で納得して均等に切りBは自分が納得して少しでも大きいと思う方を選びます。

つまり、これがお互いが納得して分配する方法です。

 

どちらかが損して、どちらかが得をする関係では、人間関係はギクシャクしたものになります。近年、共創や協業を意識する企業が多くなってきました。そして、その土台となるのは人間関係です。私たちが、良好で良質な人間関係を育むためにも、信頼に基づく協力関係を構築していく必要があります。

 

 

ルーツラボ オフィシャルホームページ : Roots Lab. HP