Roots Lab.(ルーツラボ)

Roots Lab.(ルーツラボ)は働く社会人のサードプレイスです。​他業種の人たちと交わりながら、遊びの感覚で学べる場であり 自分を磨いていく場であり 切磋琢磨できる仲間を作れる場です。

レポート(その2)「複業・副業 はじめの一歩 前編:思考編」

こんにちは。にしのです。前回の続き!

今回は「複業・副業 はじめの一歩 前編:思考編」と題して、

 

・ビジネスアイデアの見つけ方

・好きなこと、得意なことを見つけるヒント

 

を主軸に、一部ディスカッションを取り入れた講義形式のイベントを開催しました。

 

▼レポート前編はこちら

roots-lab.hatenablog.com

 

 ■「そもそもビジネスって何か?」

 世の中はビジネスで溢れかえっていますが、そもそもビジネスって何でしょうか?

 

Wikipediaには、こう書かれています。 

ビジネス: business)は、経済行為を表す用語であり、狭義から広義まで様々な意味を持っていて、1つの日本語に置き換えて表現することはできない。

 ビジネス - Wikipedia

 

実際他の人とこの言葉について考えてみると、その解釈も、人によって少しずつ異なっていました。

 

「お客さんのより良い未来を想像して、価値を提供する」「営利、非営利に限らず、価値を交換し合うこと」「顧客に価値ある体験をさせて、その結果として利益を得ること」など。

 

いろんな人の解釈の重なり合うところが、ビジネスなんだと思いますが、今回は

 

「人がお金と時間をかけてでも、手に入れたいものを提供すること」

 

と定義し、セルフプロデュースの第一歩として、自分の「好きなこと」「得意なこと」から自己分析を行いました。

 

◼︎振り返りながら「好き」や「得意」思い出す

「好きなこと」「得意なこと」「やりたいこと」…

 

あまりにも平たい表現。ゆるさを感じたり曖昧さを感じる人も多いのではないかと思いますが、根っこはここ、手段はその後。

 

なぜこの振り返りが大切なのかについても、数学的思考法の講師ならではの、論理的な説明でクリアにしてくれました。

 

f:id:roots_lab:20180512153138j:plain

 

自分の潜在的な部分に向き合わなければ、「誰か」が価値を置いていることに引きづられたり、自分に対しても画一的なものの見方しかできなくなっていくと、自身の経験からも思います。

 

▼じっくり考え、その後はグループごとにシェア

f:id:roots_lab:20180512153124j:plain

 

参加者の皆さんからは、

「自分の思っていること、やってきたことをまとめて、他の人に話すことで頭の中が整理できた。」

「得意なこと、好きなことなんて普段考えていなかったけど、第三者に長所として教えてもらえて、とても勉強になった。」 

といった声が上がり、満足度の高い勉強会となりました。

 

■総論

グローバル化が進み、価値観がこれほど多様になってくると、自分が持っているモノを活用して、自分が望む方向に、自分でライフデザインしていく姿勢がより必要になってくるのは明白です。そこから派生した働き方は人それぞれ。

 

そこには当然、「自分で蒔いた種は自分で刈り取る」といったことも、もれなくついて回る訳ですが、そのあたりのリスクマネジメントも含めて、リテラシーを深めていく場はどの時代にも必要なのではないかと考えています。

 

そのあたりに関しても、引き続きRoots Lab.では様々なテーマを扱いながら、参加する人それぞれが自己成長する場にしていけたらいいなと思っています!

 

f:id:roots_lab:20180512173648j:plain

■次回のフライハイ

さて、「複業・副業 はじめの一歩 後編」は、6月上旬に開催予定です!

後編では、

・サービス・商品の売り方

マーケティング

・ターゲティング

など、より具体的なテーマを扱います。前編に参加できなかった人も、参加可能です。お楽しみに!!


 

▼講師も募集中です♩

roots-lab.amebaownd.com

 

その他扱ってほしい!というテーマがありましたら、お気軽にご連絡ください。

Contact | Roots Lab.